パソコンの処分はどうしてる?

パソコンの技術進化は非常に早く、ちょっと前に買ったはずのパソコンが新製品の出現とともに使いにくいパソコンのように思えてきます。また、使い続けることでインストールするソフトが増えるため、性能のいいCPUを使わないと快適に使うことができなくなってしまうことも事実です。ソフト自体の性能アップは大歓迎ですが、要求されるパソコンの性能もより高いものが要求されます。

こうして、一定期間使用した後のパソコン処分が必要になりますが、パソコンにはいろいろな情報が詰まっていますから、下手に捨てると情報漏洩になります。ハードディスクをフォーマットすれば情報はほとんど消えますが、ある種の復元ソフトを使うことで情報の復元が可能です。復元したハードディスクからインターネットの接続状況やパスワード等を探すことで、他人に銀行口座を乗っ取られてしまうことがあります。

また、パソコン処分時には本体の処分をどうするかという問題もあります。電化製品の塊ですから、燃えるゴミとするわけにはいきません。ほとんどの自治体はパソコン処分を引き受けてくれず、家電量販店等にパソコン処分を依頼する必要があります。処分料自体は5千円もかからないことが多いため、心配はいりませんが、新しいパソコンの代金に上乗せされるため覚えておかないとちょっとしたことですが、予算オーバーの可能性が生じます。

ほとんどの人は、パソコン処分をこのように家電量販店に依頼しています。家電量販店は依頼されたパソコンのデータを消去して再販売等していますが、データが完全に消えているかどうかは不安です。ハードディスクのデータ消去は、クイックフォーマットでは効果がなく、ハードディスク自体を最初からフォーマットする必要があります。しかし、磁気データが少しでも残っていると情報漏えいの可能性がありますから、不安な人は磁気データの完全消去のため2回完全にフォーマットすることがあります。

パソコンを自作する人がいます。自作と言ってもはんだごてを使ってマザーボードを作るのではなく、DIY程度の工具を使って部品を組み上げるのです。この際、OSをインストールする重要な部分には使えませんが、サブディスクとして処分予定のパソコンについていたハードディスクを利用している例があります。この場合、自分で使い続けるのですから、情報漏洩の心配はありません。本当に処分する際は、ハードディスクをハンマーで物理的に破壊するのです。

更新情報・お知らせ

オススメサイト

SMSサービス品質は国内最高レベル
国内3大キャリアだけでなくPHSにまでも対応しているんです

ドスパラ評判購入ナビ
評判を聞いて欲しいモデルを買おう

スマホならではの充電トラブル!解決のヒントを知りたいなら
スマホを使うなら知っておきたい情報がたくさん

オフィス移転をスムーズにしてくれる
【株式会社ザック】ならこだわりオフィスも低コスト移転も相談にのってくれます